高島市で音楽フェスをやる理由

こんにちは、ニジオト実行委員の佐野です。

昨日も田んぼの風景見てるだけでめちゃ幸せでした。

今日はフェスをやる理由について少し書きたいと思います。

音楽フェスではあるけど、本当に知って欲しい見て欲しいのは高島市の↑こういう景色。

なんてことないけど、めっちゃほっとする景色。

僕らは別に音楽フェスがやりたいのではありません。

音楽でウェイウェイ盛り上がるためにやるのではありません。

あ、いや、もちろん盛り上がりはしたいですが、それが目的ではないです。

高島市の自然とヒトモノコトに包まれてほっとして、みんなでやさしい気持ちになりたい。

やさしい気持ちになりたい人たちとたくさんつながりたい。

その手段として音楽、フェスを開催する。

フェスは目的じゃなくて手段です。

僕が街で暮らし働いていた頃、ちょっと疲れたり迷ったりした時に、高島やいろんな地方の景色や人のやさしさにたくさん助けてもらったんです。

その恩返しだなんて言えはしないですが、たかしまに移住して今思うのは僕もいつかそういうアレなアレになれたらいいなー、なんて。

あと、音楽っていろんな気持ちをより彩ってくれるので大好きなんです。

実は僕も大学を三ヶ月で辞めて20代半ばまで音楽に明け暮れていました。バンドマンってやつです。

僕にとって音楽は今でも人生になくてはならない存在。

きっと皆さんにとっても、人生のあの時あの頃を彩ってくれた音楽ってありますよね。

街の人たちが素敵な音楽やキャンプきっかけにたかしまを知ってくれて、たかしまの美しい風景やあったかい人たちとも出会いなんだかほっとしてやさしくなれる。

高島市の人たちも、高島市に来てくれる人たちも、なんだかしぜんにやさしくなれる。

そういうアレをアレできたらいいなーなんて妄想していただけなんですが、なぜか気付いたら仲間や助けてくれる人が増えて「フェス」だなんてなっていました。

おかしいですねー。

フェスとは言っても、お金もないしコロナもあるし初回は無理せず飾らす500人くらい。

多くの方がイメージするかもしれない「何千人、何万人も集まるようなでっかいフェス」ではまだありません。

まずはのんびりゆるく等身大で。

(準備はまったくゆるくなく超ハードモードです笑)

無理せず500人くらい、なんて言いましたが…

無名でド素人の僕たちが500人の人たちにお金を払って来てもらえるイベントを作るなんて無謀かもしれません。

料金設定もきっちりやるのでなおさら。

(高島の人たちにはもっと来てもらいやすい設定を考えるつもりです。いやむしろ一人でも多くの方に運営側になって欲しい。) 

でも、たぶん、たかしまの素敵な風景やあったかいヒトモノコトを自分でも日々感じ口に出し写真にも残していけば自ずといける気がする。

なので僕はいつもカメラやドローンを持ってたかしまを遊びまわっています。

もうすぐニジオトのステッカーや仮フライヤーが出来上がります。

それ持ってもっと色んなところを遊びまわると思うので、どこかで会ったら少しだけ僕のこと相手してもらえたら嬉しいです。

高島市の美しさあったかさをたくさんの人にまき散らしていく「ニジオト」、皆さんもいっしょになって楽しんでもらえたら嬉しいです。

そしてもし気が向いたら、ニジオトのことまだ知らない人たちに伝えるお手伝いをしてもらえたら僕ら泣いて喜びます。

SNSでシェアするも、言いふらすも、チケット買ってくれるも、スポンサーになってくださるのも、どれも大歓迎です。

どうか助けてください。

何者でもない無名のただの父ちゃん二人が勝手にやり始めるイベントですが、何年も続いてみんなが楽しみに待っていてくれるような楽しい時間になれば嬉しいな。

秋にはコロナ騒動がもっと落ち着いていることを願いながら、コツコツと準備を進めていきます。